防波堤工事などの際に海中で作業する潜水士の負担を軽減するためのパワーアシストスーツの開発を進めている八戸市の企業と法政大学が13日、装置の実証実験を始めました。

実証実験はパワーアシストスーツの共同開発を進めている八戸市に本社がある海洋土木会社・北日本海事興業と潜水会社の共和海事工業所、それに法政大学が実施しました。13日は、潜水士などを育成する海洋開発科があり水深10メートルのプールがある岩手県立種市高校で実験が行われました。1年半ほどかけて完成させた試作機は両腕に取り付ける形式で、スイッチを押すと空気が注入されることにより人工筋肉が収縮、少ない力でも重いものを動かせるようにしています。

実験では、防波堤工事の際に使用される50キロから100キロほどの石に見立てた土嚢を水深5メートル地点で持ち上げたり、転がしたりして、改善点などを確認していました。

※共和海事工業所 潜水士 佐々木雄治さん
「固定が少し緩いので、もう少しがっちり固定するようになるともう少し強いアシスト力を逃がすことなく発揮できるのかなと感じました」

※法政大学理工学部 機械工学科 石井千春教授
「一日でも一年でも長く健康な状態で潜水士に働いてもらえるようにという思いで今後も開発を進めていきたい」

共同開発する団体では試作機の改良を重ね、4年から5年後の実用化を目指すとしています。