6月29日に大阪府富田林市の自宅で2歳の女の子が熱中症で死亡した事件で、逮捕された祖母らは2日前から女の子を放置していた疑いのあることがわかりました。警察は殺人の疑いも視野に捜査しています。

 6月29日に大阪府富田林市の集合住宅の一室で2歳の小野優陽ちゃんが熱中症で死亡しているのが見つかり、祖母の小野真由美容疑者(46)と同居人の桃田貴徳容疑者(50)が保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。

 2人は当初「午前5時から奈良やユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行った」と供述していたということですが、捜査関係者によりますと、その後、優陽ちゃんが死亡する2日前からユニバーサル・スタジオ・ジャパン近くのホテルに宿泊していたことがわかったということです。

 2人はウソの説明をしていたことを認めているということで、警察は優陽ちゃんを2日以上放置していた疑いがあるとみて、殺人容疑も視野に調べを進めています。