滋賀県野洲市の幹部2人が市長に怒鳴られたなどと訴えていた問題で、第三者委員会が一部言動をパワーハラスメントと認定。7月6日に市長が謝罪しました。

 (野洲市 栢木進市長)
 「心より謝罪申し上げます、誠に申し訳ございませんでした」

 野洲市の幹部2人は今年3月に市議会の議場で栢木進市長から「ええかげんにせえよ」などと怒鳴られたほか、「頑固でうんこ」と言われたと訴えていました。

 市の第三者委員会は「頑固でうんこ」という発言があったかは「不明」とする一方、「ええかげんにせよ」などと議場で叱責したことについては「根拠がなく公衆の面前で頭ごなしに叱りつけるのは不当」としてパワハラと認定しました。

 (野洲市 栢木進市長)
 「(今後は)二度とこういうことを起こさないことを肝に銘じて自分を抑える(Qそれで抑え込める?)抑え込めます」

 市長は報酬を3か月間、3割カットしハラスメント研修に参加するということです。