日清食品冷凍は、冷凍たこ焼き400万パックあまりを自主回収すると発表しました。

 自主回収するのは、「冷凍日清のたこ焼6個入り」などの6種類で、賞味期限が今年6月4日~来年6月28日までのものです。

 日清食品によりますと6月に商品を買った人から「異物が混入している」と指摘を受け調べたところ、商品にアルミニウムが主な成分の“約6mmの金属片”が混入していたということです。

 自主回収するのはいずれも大阪府泉佐野市にあるグループ会社の工場で製造されたもので、金属片はたこ焼きを焼く設備の一部である可能性が高いということです。

 対象商品はプライベートブランドで販売する商品をあわせると400万パック余りにのぼり、日清食品冷凍は「一層の管理体制の向上に努める」としています。