大阪府富田林市で2歳の女の子が自宅に放置され熱中症で死亡した事件で、逮捕された祖母らが、倒れていた女の子に水をかけるよう家族に指示していたことが警察への取材でわかりました。

 今年6月29日、富田林市の集合住宅の一室で、小野優陽ちゃん(2)が熱中症で死亡。約11時間放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで、祖母の小野真由美容疑者(46)と、同居していた桃田貴徳容疑者(50)が逮捕されました。

 捜査関係者によりますと、倒れていた優陽ちゃんに気づいた四男(15)から連絡を受けた小野容疑者らが、外出先から電話で水をかけるよう指示していたということです。優陽ちゃんには水をかけられた形跡があったということで、警察は小野容疑者らが熱中症になるおそれを認識していた疑いもあるとみて、いきさつを詳しく調べています。