大阪府富田林市で2歳の女の子が自宅に放置され熱中症で死亡した事件で、逮捕された祖母らが「育児にストレスがあった」と供述していることがわかりました。

 6月29日、大阪府富田林市の集合住宅の一室で2歳の小野優陽ちゃんが死亡しているのが見つかった事件で、警察は6月30日に優陽ちゃんを約11時間放置したとして祖母の小野真由美容疑者(46)と同居していた桃田貴徳容疑者(50)を逮捕しました。

 捜査関係者によりますと事件当日、小野容疑者らは優陽ちゃんを置いて5歳の息子とユニバーサルスタジオジャパンに出かけていましたが、小野容疑者らが「育児にストレスがあった」と供述していることが新たにわかりました。

 「過去にも数回1人にすることがあった」とも話しているということで、警察は育児ストレスが原因で外出したとみて捜査しています。