6月29日夕方、大阪府富田林市の集合住宅の一室で2歳の女の子が死亡しているのが見つかり、祖母ら2人が保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。

 保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、富田林市の無職・小野真由美容疑者(46)と、同居していた桃田貴徳容疑者(50)です。

 容疑者2人は6月29日、富田林市の集合住宅一室で真由美容疑者の孫の女の子である小野優陽ちゃん(2)を、ベビーサークルの中に約11時間にわたって置き去りにした疑いが持たれています。

 警察によりますと、容疑者2人は優陽ちゃんと息子2人(15・5)との5人暮らしで、優陽ちゃんの両親は同居していませんでした。

 6月29日早朝、容疑者2人は優陽ちゃんを残し、5歳の息子とユニバーサル・スタジオ・ジャパンに出かけたといいます。約11時間後、別で外出していた15歳の息子が帰宅した際に口に血が付いていた状態でぐったりしている優陽ちゃんを見つけたということです。

 駆けつけた消防によりその場で死亡が確認された優陽ちゃんには目立った外傷はなかったものの、明らかにやせていたといいます。

 (同じ集合住宅に住む人)
 「(真由美容疑者は)気さくな方です。(真由美容疑者に)『小さな女の子いるの?』と聞いたら『孫よ』と言って、うれしそうに話していたんですけどね。(亡くなった優陽ちゃんは)元気よく階段を上っていて、無邪気でかわいいなと」

 また、優陽ちゃんをめぐってはおととし、いまは同居していない両親の間でDVがあり、優陽ちゃんが目撃していたことから、心理的虐待の疑いで警察が取り扱いました。いったんは児童相談所管轄となり、その後は富田林市預かりとなりましたが、途中で「要保護」から「要支援」に切り替わったといいます。

 (富田林市 小島正行こども未来室付課長)
 「明らかに子どもに対して手を上げているというのが『要保護』。『要支援』というのは、直接手を上げてはいないけれども、このままが続くと手を上げてしまうとか」

 市は今後、優陽ちゃんへの対応が適切だったか検証する方針です。

 取り調べに対して真由美容疑者と桃田容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

 警察は6月30日に行った司法解剖の結果、優陽ちゃんは発見時は死亡から数時間が経っていたとみられていて、体内の水分がなく脱水状態だったということです。

 また、胃の中には固形物が認められず、粘液のみだったということです。こうしたことから、最後の食事から半日以上が経過していたとみられています。