6月29日の夕方、大阪府富田林市の集合住宅の一室で、2歳の女の子が死亡しているのが見つかり祖母ら2人が保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。

 6月29日午後5時半ごろ、大阪府富田林市の集合住宅の3階の部屋でこの部屋に住む2歳の小野優陽ちゃん(2)が口から血を流して死亡しているのが見つかりました。

 警察は祖母の小野真由美容疑者(46)と同居していた桃田貴徳容疑者(50)から事情を聞いていましたが、6月30日に保護責任者遺棄の疑いで逮捕しました。

 優陽ちゃんは祖母らと暮らしていたということです。

 優陽ちゃんに目立った傷はありませんでしたが、やせていたといいます。

 また、警察によりますと2人は6月29日午前5時ごろから優陽ちゃんをベビーサークルに入れたまま午後4時過ぎまで外出していたということです。