2018年に岩手県立不来方高校のバレーボール部に所属する男子生徒が自殺した問題で、県教育委員会は24日、複数の部員に不適切な言動をしたとして、当時の顧問で45歳の男性を懲戒免職処分としました。

 24日付けで懲戒免職処分となったのは、元・県立不来方高校バレーボール部顧問で総合教育センター研修指導主事の45歳の男性です。この問題はバレーボール部に所属する新谷翼さん(当時17)が自殺し、遺族が「顧問による行き過ぎた指導が原因」と訴えていたものです。
 県教委によりますと、男性は顧問を務めていた2015年度から2018年度にかけて複数の部員に対し「使えない」、「バカ、アホ」などの発言をしたということです。新谷翼さんに対してはさらに、「背は一番でかいのにプレーは一番下手だな」、「そんなんだからいつまでも小学生だ、幼稚園児だ」などの言葉を浴びせていました。
 男性は「叱咤激励や気合を入れるつもりだった。申し訳ないと思っている」と話しているということです。
 県教委はこのほか管理監督責任として当時の副校長など計5人を戒告処分にしました。
 この問題を調査した第三者委員会は「顧問による厳しい叱責が自殺につながった」との結論を出していますが、県教委は暴言と新谷さんの自殺との因果関係を検討した結果、判断が難しいとしています。県教育委員会の佐藤博教育長は、「県民の信頼を損ねる事態となったことは遺憾の極み。深くお詫び申し上げます」とコメントを発表しました。
 懲戒免職処分の発表を受け、新谷さんの父親・聡さんは弁護士を通じ、「次の被害者が出ることは防ぐことができたと思います。引き続き再発防止策定委員会において、過去の学校長の不作為について解明していくように働きかけていきたいと思います」とのコメントを出しました。また母親は「長く時間がかかりましたが、やっとパワハラが認定されました。協力して下さった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ただ結果がどうであれ、子を失った悲しみは、一生癒えることはありません」とコメントを発表しました。