命にもかかわる熱中症。もし、熱中症が疑われた場合、どのように対処すればよいのでしょうか。消防に聞きました。

【新潟市消防局救急課 阿部慧弥消防司令補】「熱中症を疑う人を見つけたら反応を確認してください。反応がない場合や、意識があっても言動がおかしい場合はすぐに救急車を呼んでください」

教えてくれたのは、新潟市消防局の阿部慧弥さんです。

【新潟市消防局 阿部慧弥消防司令補】
「救護する場合は、まずは涼しい場所に移動させてください。それから体を冷やす行動をとります」
「まず衣服を緩め、首や脇の下に保冷剤を当てます」

ポイントは保冷材を当てる場所。
大きな血管が通っている首や脇、足の付け根が効果的です。梅雨のこの時期は、気温が上がっていなくても注意が必要です。

【新潟市消防局 阿部慧弥消防司令補】「熱中症は気温だけではなく湿度なども関係してきます。高温というところで湿度が高いと汗が蒸発しにくい特徴もありますし、のどの渇きを感じにくいという特徴がありますので、熱中症になるリスクは十分にあると考えています」