過去に建造物侵入の疑いで逮捕された男性が、ツイッター社に対して自分の過去の逮捕歴に関する投稿を削除するよう求めた裁判の上告審で、最高裁は、削除を認めなかった二審判決を破棄しました。

削除を命じた一審が確定することになります。