きょうは各地で気温が上昇し、最高気温30度以上の真夏日が午前中から続出しています。あすから来週半ばにかけて関東甲信と東北では猛暑が続くことも予想され、気象庁は熱中症への警戒を呼びかけています。

きょうは、北海道や東北と北陸から九州にかけての日本海側などで雨となっていますが、太平洋側では晴れ間が広がり、気温はこれから太平洋側を中心に雨の降る日本海側でも上昇する見通しで、午前11時現在、石川県の小松で35.7度、新潟県の高田で35.6度、富山県の魚津で35.2度など猛暑日を記録しています。

予想される最高気温は午前11時現在、富山と高松、兵庫県の豊岡で36度、奈良、松山、米子、大分などで35度となっていて、香川県と沖縄県には危険な暑さへの警戒を呼びかける「熱中症警戒アラート」が発表されています。

また、明日(25日)から来週の半ばにかけては、特に東北と関東甲信で猛烈な暑さが予想されていて、気象庁は「高温に関する気象情報」を発表して、熱中症への警戒を呼びかけています。

一方、本州・四国・九州は梅雨の最中ですが、来週にかけて、東日本を中心に晴れか曇りの日が続くと予想されています。

これは梅雨前線が、ラニーニャ現象などの影響により、普段の年と比較して日本の北に位置しているためです。

九州北部・南部が今月11日に梅雨入りしてからまだ2週間も経っていませんが、梅雨前線が日本の南に移動せずに今後しばらく晴れや曇りの日が続く可能性があるとして、気象庁は来週、東日本から西日本の梅雨明けについて、例年にない早いタイミングで本格的な検討を始める方針です。