ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、中国の習近平国家主席は「一方的な制裁に反対する」と述べ、アメリカなどによる制裁に反対する考えを改めて示しました。

オンラインで23日に開かれたBRICS=ロシアやインドなど新興5か国による首脳会議で、習近平国家主席は、「世界に積極的、安定的、建設的な力を注入しなければならない」と述べ、結束をアピールしました。

その上で、「冷戦思考と集団対立を放棄し、一方的な制裁、制裁の濫用に反対する」と述べ、ロシアへの制裁に反対する考えを改めて示しました。

また、アメリカや日本、インド、オーストラリアの4か国で作る「クアッド」などを念頭に「『人類運命共同体』の『大きな家族』によって、覇権主義の『小さなサークル』を超越する」と述べ、対抗姿勢を改めて鮮明にしました。