新型コロナ対策を政府に助言する専門家組織は、全国的に感染者の数は減少の傾向が続く一方で、「一部の地域では増加の兆しもみられる」との見解をまとめました。

厚労省アドバイザリーボード 脇田隆字座長
「新規感染者数については全国的に一部の地域を除いてですけども減少傾向が続いておりますが、その減少幅が鈍化しつつある。または増加の兆しが見られる地域もある」

専門家会合の後で脇田座長はこのように話し、全国の直近1週間の感染者の数は前の週と比べて0.98倍となり、減少の傾向が続いているとの見解を示しました。

一方で、島根や鳥取など20の都府県では前の週と比べて感染者が増加しているうえに、今後はコロナへの感染やワクチンの接種で得られた抗体の量が減っていくことなどから、脇田座長は「感染者の増加や医療への影響などに注視が必要」だと強調しました。