大手電機メーカーの「シャープ」は、社内の公用語を2023年に英語にする方針を明らかにしました。

これは23日に開いた株主総会後の経営説明会で、呉柏勲CEOが説明したもので、英語を使う対象者や場面は今後決めるということです。

呉CEOは「シャープを世界ブランドにしたい」としていて、社員の英語力を向上させることで世界でも通じる人材の育成を加速させる狙いがあります。