中国の習近平国家主席は、新興5か国の関連フォーラムに寄せたビデオ演説でウクライナ情勢をめぐり、「軍事同盟の拡大は必ず安全保障の苦境に陥る」と欧米を念頭に批判、改めてロシアの主張に理解を示しました。

BRICSと呼ばれる中国やロシア、インドなど新興5か国の首脳は23日、オンライン形式で会議を行います。

中国外務省によりますと、これに関連したフォーラムに寄せたビデオ演説で習主席は「覇権主義やブロック政治は平和をもたらさないばかりか、戦争を引き起こすことを示している」と指摘。

アメリカやNATO=北大西洋条約機構を念頭に「ウクライナ危機は再び世界に警鐘を鳴らし、軍事同盟を拡大することは必ず安全保障の苦境に陥る」としてロシアの主張に理解を示しました。

また制裁については、「もろ刃の剣だ」として「世界経済を政治化し、国際金融通貨制度の支配的地位を利用して制裁を加えれば、いずれ世界の人々に害を及ぼすことになる」と批判したということです。