コロナ対策に協力した飲食店に支払われる協力金。支給対象の基準は「通常、夜8時以降まで営業している店」となっています。一見シンプルな基準ですが、不公平な結果を生んでいるといいます。協力金に揺れる埼玉県の町を取材しました。

■コロナ協力金が不公平?「夜8時」基準で混乱

スリリングな川下りや、おいしい郷土料理を目当てに年間300万人が訪れる観光スポット、埼玉県長瀞町。
コロナ対策で、時短営業などに協力した飲食店に支払われた協力金の受け取りをめぐって、人口7000人足らずの小さな町が揺れている。


埼玉県は協力金の対象を「通常時、夜8時以降まで営業している店」としていた。
問題となっているのはこの基準だ。一見、わかりやすい基準だが町の人は…

町民
「非常に甘かったし、曖昧であるし分かりづらかった」
「あんまり面白くない話ですね。全然不公平でしょう」

通常時、夜8時以降の営業という基準が“不公平”だという。いったいどういうことなのか。

長谷川美波記者
「長瀞町は昼間は多くの人でにぎわっているのですが、夜になるとほとんど人がいなくなります。このため夜も営業を続ける飲食店は少ないということなんです」


観光客が居なくなる夕方にはほとんどの飲食店が閉店する。

町民
「閉まっちゃってますよ、ほとんど。大体5時6時にもなれば閉まってますよ」
「シャッター通りだから夜やってるわけないから」

普段から夜の営業をしていなければ、協力金の対象にならない、そう判断した飲食店の人は…

協力金を申請しなかった飲食店
「『ここの通りはみんな当てはまらないね』ってみんなで話していた。いざいただいたとなるとホームページに載るじゃない?」

協力金を受給した飲食店は埼玉県のホームページで公開された。


協力金を申請しなかった飲食店
「そうするとみんな見るじゃない?あらあらあらって。あらあらあら。この店も、え?ここも?ここも?ってなった」

町内で、同じような営業をしていたのに協力金を受け取った店と、申請しなかった店とにわかれてしまったのだ。