ひまわり8号と9号の後を継ぐ次の気象衛星に線状降水帯の予測精度を上げるため、大気の様子を立体的に観測できる最新技術の導入を検討すべきとする提言を気象庁の有識者会議がまとめました。気象庁は、現在、運用し…