政府が日本原子力研究開発機構の「新型転換炉ふげん」の使用済み核燃料をフランスで再処理し、プルトニウムを取り出した上でフランス側に引き取ってもらう方針を固めたことがわかりました。「ふげん」は2033年の廃…