日本医学会の運営委員会は、妊婦の血液を分析して胎児の染色体の異常を調べる「新型出生前診断」を行うことができる施設として、全国で169の医療機関を認めたと発表しました。新たに青森や群馬など7県の施設も認め…