東京都医師会は「屋外では原則、マスクはいらない」との考えを示しました。

国は、屋外でも会話する場合は2メートル以上の距離が確保できなければ、マスクの着用を推奨していますが、東京都医師会の尾崎会長は「至近距離で会話し飲食するバーベキューなど特殊な場合を除き、感染のおそれは少ない」として、「屋外では原則、マスクはいらないのではないか」と述べました。

また、尾崎会長は、気温が上がる夏は熱中症になるおそれがあるため、マスクを外すよう呼びかけましたが、「これをきっかけに外していく方向にすべきだ」として、夏以降も着用の必要はないとの考えを示しました。