5月に愛知県知立市で、29歳の男性を殺害して現金を奪った疑いで、男が逮捕された事件で、男が被害者の男性とパチンコの「打ち子」と呼ばれるアルバイトで、関係があったとみられることがわかりました。


(高阪一世記者)
「午前8時半ごろです。有馬容疑者が警察署から出てきました」

逮捕された知立市の有馬滉希(ありまひろき)容疑者(26)は、5月10日の夜から翌日朝までの間に、知立市八橋町で三浦正裕さん(当時29)を刃物で刺して殺害し、現金およそ14万2000円を奪うなどした強盗殺人の疑いで10日朝、送検されました。


取り調べに対して、有馬容疑者は殺害を認める一方、「金を奪うつもりはありませんでした」と容疑を一部否認しています。


その後の関係者などへの取材で、有馬容疑者と三浦さんはパチンコ店で、指示された台を打つ「打ち子」と呼ばれるアルバイトで、関係があったとみられることが新たにわかりました。

有馬容疑者は、三浦さんに債務があったということで、警察は2人の間のトラブルについて調べを進めています。