立憲民主党が提出した衆議院の細田議長に対する不信任決議案が、与党などの反対により否決されました。野党では、立憲民主と共産、社民が不信任に賛成しましたが、維新と国民は採決の際に退席し対応が分かれました。