2日の東京外国為替市場で、円相場はおよそ3週間ぶりに、一時1ドル=130円台まで円安が進みました。アメリカの経済指標が市場予想を上回ったことで、景気減速への懸念が弱まり、円売りドル買いが広がりました。市場…