岸田総理は物価高騰対策として、地方創生臨時交付金に1兆円の枠を新たに創設し、地域の実情に応じ、自治体と協力しながら困窮家庭や事業者支援、給食費の負担軽減などを行うと述べました。