災害をもたらす大雨の要因となる線状降水帯の予測精度を上げるため、気象庁は全国14の研究機関と連携し、6月から10月にかけて、東シナ海や九州を中心に集中的な観測を行うことになりました。気象庁は、あす6月1日…