山口市で行われた野外ライブ。
企画から関わり、みずからもステージに立つのは24歳の男性です。
周囲のサポートを受けながら夢を実現したステージに密着しました。

4月12日、宇部市内では1か月後に迫ったライブの練習が行われていました。ライブを企画したのは、宇部市在住の金子大登さん(24)です。生まれつき、脳性まひで体を思うように動かすことができません。

母・絵里子さんや看護師などの介助を受けながら生活しています。

父親は生まれてすぐに病気で亡くなり、絵里子さん(58)は介護・福祉の会社を立ち上げて大登さんを育ててきました。

大登さんは、毎年ライブを主催していて今回が9回目です。今年は9組が出演します。

金子大登さん(ことば:金子絵里子さん)
「毎日大変です」