山口・阿武町が約4300万円を「法的に確保」していることがわかりました。
以前、容疑者は「ネットカジノで全額使った」と主張していましたがこれは嘘だったのでしょうか?
番組が取材した弁護士によると「嘘をついていた場合は別の罪に問われる可能性」もあるそうです。一方で、実際にお金が返還された場合「被害が回復しているので刑が軽減され、執行猶予が付く可能性」もあるとしています。

■約4300万円を法的に確保するまで


南波雅俊キャスター:
山口県阿武町が新型コロナの給付金4630万円を誤って個人の口座に振り込んでしまった問題です。5月24日、阿武町は誤って振り込んだ金額の9割以上にあたる約4300万円を公的に確保したと発表しました。改めて、どういう流れなのか振り返っていきます。

まず阿武町が4月8日、4630万円を誤送金しました。田口翔容疑者は「返す意思はある」ということは言っていたんですが、「数社のネットカジノに全部使った」ということで、現状返せる能力がないというようなことも主張していました。どういうことなのかと言いますと、出金記録では、ネットカジノの決済代行業者のA社に対しては27回にわたって3592万円余りを出金。さらに、L社、M社にはそれぞれ300万円・400万円を1回出金をしたということなんです。それに加えて、デビット決済も340万円あまり使ってしまったということで、残高が6万8743円しかありませんでした。つまり、もう現状では返せませんと話していました。


ただ、5月24日の会見に同席した阿武町側の中山弁護士は、「東京へ行って差し押さえ・取立調書を(3社に)置いてきた」と話しました。

さらに5月20日には4630万円の返還に対して、田口翔容疑者が「認諾」をしました。これによって、田口容疑者の財産を強制執行できるような状況になったという中で、5月24日、3社と残高含めて4299万3434円が法的に阿武町に確保されたということになりました。


ホラン千秋キャスター:
阿武町側の弁護士もカジノで使われたのかどうかという点については「わかりません」と答えていたんですが、わからない中でこのようにお金が送金されてくるというのは、どういった背景が考えられるんでしょうか?