山口県阿武町から誤って振り込まれた4630万円の一部から不法に利益を得たとして、24歳の男が逮捕された事件で、男から振り込みを受けた決済代行業者から町の口座に、少なくともおよそ3500万円が返還されたことが分かりました。

この事件は、阿武町の無職・田口翔容疑者(24)が、町から入金された4630万円を誤った振り込みと知りながら、スマホで決済代行業者の口座に400万円を振り込み、不法に利益を得た疑いで逮捕・送検されたものです。

田口容疑者は「金はネットカジノに使った」と供述しています。

田口容疑者は3つの決済代行業者に出金を繰り返していましたが、関係者によりますと、少なくともおよそ3500万円が町の口座に返還されたことが分かりました。

町は「コメントを差し控えたい」としています。