山口・阿武町が誤って振り込んだ4630万円の一部を別の口座に振り替え不法に利益を得たとして警察は18日、電子計算機使用詐欺の疑いで無職の田口翔容疑者(24)を逮捕しました。

田口容疑者は「4633万円を海外のネットカジノで使った」と弁護士に説明しているということですが、専門家は「ネットカジノを利用していない可能性もある」としたうえで、3つの"抜け道"があると指摘します。消えた大金は戻ってくるのでしょうか。専門家に聞きました。

■誤送金問題で容疑者逮捕 今後の捜査のポイントは

井上貴博キャスター:
容疑者が逮捕されたわけですが、発端となった阿武町の送金ミス、このことの責任やチェック体制の構築というものも求められていきます。


18日、電子計算機使用詐欺の疑いで、無職の田口翔容疑者(24)が逮捕されました。4630万円を誤った振り込みと知りながら、決済代行業者の口座に400万円を振り込み、不法に利益を得た疑いです。田口容疑者は容疑を認めているということです。

電子計算機使用詐欺罪とは、パソコンやATMなどの電子機器に、虚偽の情報や不正な指令を与えて不法の利益を得た場合に問われる罪です。10年以下の懲役と定められています。


今回逮捕に至った経緯について、若狭勝弁護士に話を伺いました。
「逃走や証拠隠滅の恐れも考えての判断。国民の注目もあるため、起訴されることは間違いない」、それだけ証拠を固めている中での逮捕になったのであろうと話しています。

今後の捜査のポイントは、
▼400万円以外の金についても捜査し、刑事責任を問う
▼スマホの履歴から、指南役など共犯者がいるかどうか

こういったところも視野に入っていくであろうと若狭弁護士は話しています。

ホラン千秋キャスター:
森永さんは今回の件について、最も重要なポイントだと思われたのはどういった点でしょうか?

経済アナリスト 森永卓郎氏:
4630万円返してくれと町役場の職員が言ったときに、なぜ口座を封鎖しなかったのかなと。おそらく法律でそういう枠組みがないからなんだと思うんですけど。

11年前に私の父が亡くなって、死亡届出した瞬間に預金口座は勝手に封鎖されたんですよ。私は法律の専門家じゃないですけど、人が亡くなると封鎖できるのだから、口座を止めればこんなひどいことは起こらなかったのではないかなと私は思ってしまうんですけどね。

ホランキャスター:
そのあたりの対策を今後どうしていくかということですよね。

■1日複数回の出金 公開された出入金記録

井上キャスター:
新たに公開されたのが、田口容疑者の口座の出入金記録です。


元々町から誤って4630万円の入金がなされたのが4月8日のことです。その当日にデビット決済を行っています。1日空けて4月10日にデビット決済。A社に120万円強を出金しています。

その後4月11日には、A社に6回にわたって出金しています。

4月12日に、L社・M社という違う会社に1回ずつ出金。今度は4月13日、A社に2回。4月14日に1回。4月15日が4回。この4月15日というのは、町がミスで「ある人物に入金してしまった」と公表した日です。

その翌日、A社に2回、4月17日には1日で6回出金しています。4月18日ではA社に5回送っている。

ですので、町が公表してから「これは時間がない、早く全部使い切りたい」ということで立て続けに出金したということも考えられなくはない状況です。

A社への出金が端数になっているのは、1万ドル、ドル建てによるレートで少し金額が変動しているのではないかと言われています。