逮捕を受けて花田憲彦・阿武町長は会見を開きました。
「率直なところ、驚いた。一連の事件が起きたことについて発端は町からの誤振り込みは間違いない事実で、申し訳ないことをしたと思う。ただその中で、一生懸命返還をお願いしたが、応じてもらえず、金が短時間ネットカジノに使われびっくりしている。この金は大切な公金、返してもらいたいとお願いしてきたが応じてもらえず、訴訟を起こした。本人は全て使ったと言っているが、にわかに信じられないし、残っている可能性があると思う。真実を知る足がかりができた。訴訟の中で真実を話してもらいたい。金を回収していきたい」

また田口容疑者の弁護士は「個人としては真相解明に近づくことを期待している」とコメントしています。

電子計算機使用詐欺の疑いで18日、山口県警に逮捕されたのは、山口県阿武町の無職・田口翔(たぐちしょう)容疑者(24)です。

警察の調べでは田口容疑者は4月、阿武町から入金された4630万円が誤った振り込みと知りながら、決済代行業者の口座に400万円を振り込み、不法に利益を得た疑いが持たれています。

警察は阿武町からの相談を受けてこれまでに2度、田口容疑者から任意で事情を聞いていました。

田口容疑者は18日午後、山口市内で任意同行を求められ、逮捕されました。
警察の調べに「間違いありません」と容疑を認めているということです。

田口容疑者は「4633万円を海外のネットカジノで使った」と弁護士に説明しているということです。

警察では押収したスマートフォンの履歴などを解析して、余罪を調べています。

阿武町は田口容疑者を相手取り、誤って振り込まれた金の返還など、5100万円あまりの支払いを求める訴えを起こしています。