アメリカ・ニューヨーク州北部のスーパーマーケットで、14日、10人が死亡した銃乱射事件で、警察は容疑者として18歳の白人の男を拘束しました。

警察によりますと、銃撃する様子を自らインターネット上で配信しながら犯行に及んでいたということです。

銃撃を受けた13人のうち11人が黒人で、警察は差別や偏見に基づく憎悪犯罪=ヘイトクライムとみて捜査しています。