ロシアのプーチン大統領はフィンランドのニーニスト大統領と電話会談し、NATO=北大西洋条約機構への加盟の動きをめぐり、「軍事的中立を放棄するのは間違いだ」と主張しました。

ロシア大統領府によりますと、プーチン大統領はフィンランドがNATOへの加盟を申請する方針を表明したことをめぐり、ニーニスト大統領に対し「フィンランドの安全保障に脅威はなく、これまでの軍事的中立の政策を放棄することは間違いだ」と主張しました。

そのうえで、「長年にわたる隣国としてのパートナーシップの精神に基づいた両国関係にマイナスの影響を与える可能性がある」と警告したということです。

また、フィンランドとともにスウェーデンもNATO加盟に向けた動きを見せていることを受け、ロシアのグルシコ外務次官が「核戦力がロシア国境近くに配備されるならば、抑止力維持のための措置を取らなければならない」と語ったと、インタファクス通信が伝えています。