北海道の知床半島の沖合で、観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没し、14人が死亡、12人が行方不明になってから、14日で3週間です。
 杜撰な安全管理などが次々に発覚する中、ちょうど1年前、船長の求人を断っていた男性が、すべてが“素人”で、がく然としたという運航会社や社長、船長の実態をあらためて語りました。

 男性は現在、オホーツク地方の遊漁船の船長で、去年4月、運航会社「知床遊覧船」の船長の求人に応じ、現地を訪れていました。
 桂田精一社長と面談、陸揚げされていた「KAZUⅠ」の船体も目の当たりにし、がく然としたといいます。

・船長の求人を断った男性
「先端あたりですね。古い船ということもありますが、船底を見るとボコボコしているし、FRPで補修した跡や、ペンキを塗り直しているけど、わかるような傷がありましたね。(補修を)素人がやっているぶんについては、いつ壊れてもおかしくないかなと」

「知床遊覧船」の船長求人に応じ、転職を考えていた遊漁船の船長

 「知床遊覧船」の船長は当時、沈没した「KAZUⅠ」の豊田徳幸さん1人。男性も、オホーツクの海、知床の海を知るだけに、話をするうちに不安ばかりが募ったと話します。

・船長の求人を断った男性
「(知床の観光コースは)浅瀬や、岩と岩の間をすり抜けるとか、干潮満潮によって、船をこすったり、こすらなかったりするっていう非常に危険なルート。岩場の岸で座礁してしまったら、波で叩かれちゃう」
「ベテランの船長がいて、2~3年、付いてもらって、初めて(自分も船長を)やれるかなという感覚。それなのに、ベテランの船長が退職してしまい、豊田さん1人。これは難しいんじゃないかと」
「給与体系や休みのことも話したが、僕が、どれだけ(船舶の)知識があるかもたぶん、桂田社長はわかっていなかった。社長自体、船舶の知識がないので」

 本気で求人に応じることを考えていた男性は、元従業員からも船の装備や安全管理について話を聞いていて、結局、断ることを決めました。

・船長の求人を断った男性
「バッテリーがダメになって、新しくしたから『オートビルジーという海水をくみ上げるスイッチを切っていた』という話を聞いた」

ありえないメンテナンス、海水排出ポンプの電源オフなどを指摘

 元従業員によりますと、数年前に「KAZUⅠ」はエンジンがかからなくなり、発電装置やバッテリーを更新しました。そのバッテリーの消耗を防ぐため、本来は24時間スイッチを入れておく必要がある、船の底に溜まった海水を外に排出する自動ポンプ=オートビルジーの電源を切っていたということです。

・船長の求人を断った男性
「バッテリーは減ると、寿命が短くなってしまう。新品に替えたから、なるべく傷めたくなかったのかなと」

 男性は、あくまでも沈没した原因はわからないとしながらも「船が前に傾く」とか「エンジンが停止した」という連絡が「KAZUⅠ」から入っていたと聞いて、真っ先に、このオートビルジーの話が頭をよぎったと話します。

・船長の求人を断った男性
「(オートビルジーを切っていたので)相当、船の下に“アカ”があったんじゃないかと。“アカ”のせいで、要は水にエンジンが海水に浸かり、エンジンが停止した。すぐ沈んだんじゃないかと」

※“アカ”=船底に入り、溜まった水のこと

今も行方不明の豊田徳幸船長

 ・船長の求人を断った男性
「(豊田船長は)オートビルジーがあること自体、よくわかっていないぐらいの人だったんじゃないかな。海水が船底に溜まるような船は、普通は考えられないので、水が入ることすら知ってなかったのかもしれないですね」
「(全部の船にオートビルジが付いているわけではない?)“アカ”がない船だったら、別に付ける必要はないですよね」
「(カズワンには付いていた?)付いていたということですね」
「(でも、電源を切っていた?)はい」

・船長の求人を断った男性
「プライベートも含めて、僕も船長歴は長いので、あの日の天候などの状態だったらたぶん、あの船では、出なかったと思いますね」
「100人中、99人は出ないと思います」

 沈没から3週間、14人の死亡が確認され、12人が行方不明のままです。
 14日も捜索が続いていますが、現場海域の風が強いため、無人潜水機を使えず、難航しています。

海底に沈んだ「KAZUⅠ」(画像提供:第一管区海上保安本部)

 5月14日(土)午後0時46分配信