大町市に完成したミネラルウォーター工場の体験型の観光施設が、オープンしました。

オープンしたのは、東京のサントリー食品インターナショナルが大町市に建設した「サントリー天然水北アルプス信濃の森工場」に設けた、体験型の観光施設です。

14日は地元の住民12人が施設を訪れ、水が北アルプスの大地で濾過されていく映像などを鑑賞しました。

施設では、予約制の工場見学ツアーも企画されていますが、5月分の予約はすでに埋まっているということです。