京都府の南部で活発となっている地震活動について、政府の地震調査委員会の平田直委員長は、「まだ1、2か月は今のような状態が続く」として、震度5弱程度の強い揺れを伴う地震に備えるよう呼びかけました。気象庁…