Kポップアイドルを目指す小6の女子児童に対し、芸能プロダクションの担当者などを装い裸の画像を自撮りさせ送信させたとして、会社員の男が逮捕されました。

強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、山口県宇部市の会社員・小谷大樹容疑者(39)で、去年の年末ごろ、小学6年の女子児童(12)に対し、裸の画像や動画などを21回にわたり自撮りさせ携帯に送信させた疑いがもたれています。

警視庁によりますと、小谷容疑者はSNSでアイドル志望の少女を募集し、Kポップアイドルを目指していた女子児童がメッセージを送りました。

その後、小谷容疑者は芸能プロダクションの担当者やアイドルを目指す同世代の女子児童など1人で3役を装い犯行に及んだということです。