2000年前後に就職活動をした、いわゆる「就職氷河期」世代などを対象に政府は正規雇用で働く人を30万人増やす目標を掲げていますが、新型コロナなどの影響でことし中の目標達成は困難だとして計画を2年間延長する…