自民党の学校現場のいじめ対策を検討する会合にタレントのはるな愛さんが講師として出席し、いじめを受けた自身の経験などを語りました。

タレント はるな愛さん
「多様な人たちがいるってことを、みんな違うっていうことをもっと知ってもらいたい。そういう教育もなされてほしい」

タレントのはるな愛さんが自民党の「学校現場のいじめ撲滅プロジェクトチーム」に出席し、中学時代にいじめを受けるなどした自身の経験を語りました。

はるなさんは、「皆が自分と同じ環境にいると思わないことが大切。世の中にいろんな人がいるということが浸透すればいじめはなくなるのではないか」と述べました。

このチームではこれまで、教育委員会や警察などからもヒアリングを行っていて、いじめ撲滅に向けた提言を近くまとめる方針です。