5月10日から16日までの1週間は「愛鳥週間」です。
毎年5月初めのおよそ2週間、石川県能登沖の舳倉島(へぐらじま)には北や南へ
向かう渡り鳥が羽を休めに訪れます。貴重な渡り鳥を激写してきました。

全国から愛好家も集まる「野鳥の楽園 舳倉島」

能登沖絶海の孤島「舳倉島」


輪島の北およそ50キロ、日本海の孤島、石川県輪島市舳倉島。

周囲4キロ、兼六園およそ5個分にあたる、60ヘクタールの舳倉島は、
日本有数の渡り鳥の「休憩地」として知られ、春と秋の渡りの時期に、
350種類以上もの野鳥が記録されています。
5月は春の野鳥シーズン。

1日1往復のフェリーが輪島ー舳倉島を結ぶ


輪島からのフェリーでおよそ1時間半。
日本各地からバードウォッチャーが「野鳥の楽園」を訪れます。

歩き回らなくても野鳥に会える。

島に着くと、すぐ鳥たちがバードウォッチャーをお出迎え。

「アトリ」「カワラヒワ」

「アトリ」は冬鳥として日本で過ごし、これからヨーロッパなどへ向かい、
「ツグミ」もこのあと日本を旅立ち、繁殖のためシベリアへ向かいます。