冷凍カツオの窃盗事件が相次いで発覚している静岡県の焼津漁港で、2021年3月に10トンほどのカツオを盗んだ疑いで、警察がこれまでに運送会社の元社長ら6人を逮捕したことが分かりました。

捜査関係者などによりますと、これまでに窃盗の疑いで逮捕されたのは、神奈川県に本社を置く運送会社の元社長や東京に本社を置く水産会社の関係者ら6人です。

運送会社の元社長らは2021年3月、焼津漁港で宮城県の船会社が水揚げしたおよそ10トンの冷凍カツオを盗んだ疑いが持たれています。

警察は盗まれたとされる10トンのうち、半数以上のカツオが、かつお節の生産量全国トップの鹿児島県に横流しされていたとみて、鹿児島ルートの全容解明を進めています。