山梨県道志村で見つかった頭の骨からは個人を特定するDNA型が検出されませんでした。

人骨発見現場の近くのキャンプ場では、およそ3年前に千葉県の当時小学1年生・小倉美咲さんが行方不明になっています。

人骨について警察は母親との血縁関係を調べるミトコンドリアDNA型鑑定を行うことにしています。
警察の捜索は人骨発見の通報以降、5月3日で8日目となっていますが、美咲さんの母親 とも子さんが道志村の現場近くで会見しました。

会見する小倉美咲さんの母親 とも子さん 山梨県道志村 5月3日

行方不明となっている小倉美咲さんの母親 とも子さん:
今回、個人が特定できなかったというご連絡を警察の方からいただきまして、正直、美咲のものじゃなかったということは、完璧な結果は出ていないですけども、率直な感想はほっとしたという思いでした。

(今後の捜索や違った鑑定をどういう気持ちで見守られたいですか?)
やはり私としては美咲が無事に戻ってくると信じていますので、美咲のものではないという結果を祈りながら待ち続けたいと思います。

ちょっとまだ気持ち的にたくさんの方の前に立つということがちょっと難しいので、予定はしておりません。