激しい戦闘が続くウクライナの東部で医療活動にあたった日本人医師が帰国し、戦地にとどまる人たちの「心のけがは治るかわからない」などとメンタルサポートの必要性を訴えました。およそ1か月ぶりの家族との再会…