23日午後、北海道の知床半島のオホーツク海側で、26人が乗った観光船から「船首部分が浸水し、沈みかかっている」と通報があり、海上保安庁が救助に向かっています。

 第一管区海上保安本部によりますと、23日午後1時15分ごろ、知床半島のオホーツク海側の「カシュニの滝」あたりの海域で「知床遊覧船」所有の観光船「KAZUⅠ(カズワン)」の乗組員から「船首部分が浸水し、沈みかかっている」と通報がありました。
 観光船には26人が乗っていて、全員、救命胴衣を着用しているということです。
 現在、海上保安庁が巡視船と航空機で救助に向かっています。

「KAZUⅠ(カズワン)」について、会社のHPでは船内席メインの小型の観光船で、定員は65人と紹介されています。