アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問への対抗措置として大規模な軍事演習を継続している中国軍ですが、3日目となる6日は「陸地への攻撃」の訓練を実施したと発表しました。台湾本島への攻撃を想定したものとみられます。

中国軍で台湾方面を管轄する東部戦区は6日も、台湾周辺で行っている大規模な軍事演習の映像を公開しました。映像の公開を通じ、複数の軍が連携した統合作戦を遂行する能力が向上していることをアピールしたものとみられます。

また、6日は新たに陸地への攻撃の訓練を行ったと発表しました。台湾本島への攻撃を想定した訓練とみられ、台湾側に一層の圧力をかける狙いがあるものとみられます。

一方、台湾国防部は中国軍の軍用機などが6日も台湾海峡の中間線を超えたと発表しました。現地時間の6日午後5時までに中国軍の軍用機20機と艦船14隻が台湾海峡周辺で活動していたということです。台湾国防部は「区域の現状を一方的に変え台湾海峡の平和を深刻に破壊した」と非難しています。

台湾側の事実上の防衛ラインとなる中間線を中国軍が越えるのは4日連続となり、中国側が軍事的圧力を強めている状態が続いています。

中国軍の関係者は国営テレビで「中間線を完全に打ち破った」とアピールしていて、既成事実を積み重ね、事実上中間線を無効にしようという狙いがあるとみられます。