岸田総理は、来週予定している内閣改造にあたり、閣僚らに旧統一教会との関係の見直しを求める考えを明らかにしました。

岸田総理
「当該団体との関係、これをまずしっかりとそれぞれ点検してもらい、そしてその結果を明らかにしてもらう。そしてそのうえで適正な形に見直すこと」

岸田総理は旧統一教会について、「知る限り自分個人は関係はない」としたうえで、来週の内閣改造で任命する閣僚や副大臣に対し、旧統一教会との関係を点検してその結果を明らかにし、適正な形に見直すことを指示する考えを明らかにしました。さらに、「旧統一教会において法令から逸脱する行為があれば厳正に対処する」とも述べました。

ところで、内閣改造の日程について、公明党の山口代表は「きのう、総理から『10日に行いたい』との電話があった」と明らかにしています。