アメリカ・ニューヨークの国連本部で開かれているNPT再検討会議で、田上長崎市長が演説し、核の廃絶を訴えました。

長崎市 田上富久 市長
「私はこれまで以上の確信を持って、核保有国をはじめとした各国に訴えます。核兵器は絶対に使ってはならない。人類が核兵器のリスクから免れるための唯―の手段は『廃絶』しかないのだ、と」

核軍縮への道筋などに向けて話し合うNPT=核拡散防止条約の再検討会議で5日、田上富久長崎市長が演説しました。田上市長は「平和首長会議」の代表者として登壇。

「世界中の誰にも、二度と、同じ体験をさせないという被爆者の思いが広がったことで、第3の戦争被爆地が生まれなかった」と話しました。

そのうえで、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻で核の脅威が増していることについて、「核保有国が横暴な振る舞いに出れば、非人道性への認識が一瞬にして崩れ去ってしまう」などと非難。

田上氏はさらに、去年1月に発効した核兵器禁止条約についても触れ、NPTと共に、「相互に補完しあい、核兵器のない世界の実現への歩みを進めていくための両輪となるものだ」と期待を寄せました。