国内で3例目となる「サル痘」の患者が確認されました。

厚生労働省によりますと、感染が確認されたのは東京都にある在日アメリカ軍横田基地に所属する20代の男性です。発疹などの症状があり、4日に基地内の病院に入院し、検査の結果、5日、サル痘への感染が確認されました。

厚労省は男性の国籍を明らかにしていませんが、2019年以降、海外への渡航歴はなく、発症前に海外からの訪問者と接触があったということです。