旧統一教会の名称変更が認証されたことで、教団とは知らず、関係を持った議員が出ていることについて、当時、文部科学大臣だった下村博文衆議院議員は「責任を感じる」と述べました。

文化庁は、下村氏が文科大臣だった2015年、旧統一教会が「世界平和統一家庭連合」に名称を変更することを認証しました。旧統一教会側と関係を持った議員のなかには「世界平和統一家庭連合」と統一教会との関係を知らなかったという議員もいます。

自民党 下村博文元文科大臣
「今となったら責任を感じます。当時、大臣の立場で、直接は政治的な指示をしたわけではないけれども」

下村氏は当時、文化庁の担当者から「行政上の不作為だとして法的に訴えられれば負ける可能性があり、受理することにしたい」と報告を受けたもので、「政治的な圧力は全くない」と強調した上で、「今となったら責任を感じます」と述べました。

また、関係団体から献金を受けたことがありましたが、「今後は関係団体含め一切の関係は断つ」としています。