盗撮の疑いで7月に逮捕された小学校教諭の男が、今年1月頃にも、別の10代女性の裸をスマートフォンで盗撮していたことが分かったとして再逮捕されました。

児童ポルノ禁止法違反の容疑で再逮捕されたのは、島根県松江市に住む小学校教諭の男(30)です。

調べによりますと、男は今年1月頃、島根県東部で、女性(10代)の裸体をスマートフォンで盗撮し、児童ポルノを製造した疑いが持たれています。

島根県迷惑行為防止条例違反容疑の捜査で松江警察署が男の自宅から押収した複数の撮影機器を調べたところ、動画が見付かり、県内に住む10代の女性を盗撮したものと分かったことから、再逮捕したということです。

男は「間違いありません」と容疑を認め、ほかにも「撮影機器で盗撮したことがある」と話しているということで、警察ではさらに余罪があるものとみて調べています。